2014年05月05日

タミヤ 1/12 エンツォ・フェラーリ(カットモデル)



完成しました。



半完成品ではなく、キットとしてリリースされた1/12 エンツォです。
キットは足回り等の一部はダイキャストですが、基本的にはほぼプラパーツ。一体成型のモノコックはよくできていますが、どの部品もバリが多く、結局のところ半完成品の焼き直しキットに過ぎないという印象。



こんだけデカいものをピチっと綺麗に仕上げるのは神経使いそうなので(その腕がないので)、カットモデルにしてみました。





前回作ったマクラーレンF1と同じく、研ぎ出し無しです。
さらに、カーボンデカールも今回は使っていません。

カーボンデカールはリアルに見せるアクセントにはとても良いと思いますが、このキットの場合はカーボンデカールを部分的に使うのは難しく、やろうと思うと量が半端ないことになるので止めました。
やはり実車とは違ってしまいますが、セミグロスブラックだけでもこれはこれでなかなか良い質感です。



ボディは、サフ(クレオスのグレー)→ハーマンレッド(クレオス)→プレミアムレッド(ガイア)です。
フロントとサイドのエンブレムはデカールではなくインレットだった(印刷の精度が悪いので通常のデカールの方がよかった)ので、染み上がりの対策はしていません。































また、今回は展示用のプレートも作ってみました。
インクジェットプリンタ用のラベルですが、ヘアラインの入ったシルバーでなかなか質感がいいです。
裏紙を剥がして貼り付けようとすると気泡が入ってしまうので、黒いプラ板の上に裏紙付きのまま接着剤を点付けして貼っています。
ケースはタミヤの1/12用は高いので、アオシマのW550。横幅がギリギリです。



posted by チゼータ at 15:47| 1/12 エンツォ・フェラーリ(タミヤ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。