2014年06月14日

香港の乗りもの・模型など

香港とマカオに行ってきたので、乗り物と模型に関して少しだけ




香港はイギリス領だったので日本と同じく左側通行。
制限速度がどれくらいかわかりませんが、バス等の公共交通も含めて皆かなり飛ばしています。



やはり日本車が多いですがドイツ車もかなり見かけます。大衆車は日本車が多く、高級車はドイツ車が多いという感じ。







もっと多いかと思っていましたが、フェラーリやランボといった車はあまり見かけませんでした。おそらく広尾とかを歩いている方がよほど見かけるかと思います。











空港との移動手段は「Airport Express」を利用しましたが、日本の新幹線に近い快適さです。



有名なトラムはけっこう遅いです。炮台山のあたりから中環のあたりまで地下鉄(MTR)で5駅10分ほどですが、試しにトラムで行ってみたら30分以上はかかりました。







場所によっては露天の目の前をトラムが走ったりしています。



007の「黄金銃を持つ男」の舞台になったらしいレストラン。



マカオへは最近事故の多い高速船「ターボジェット」で移動(それ以外にはほとんど選択肢がないわけですが)



乗船時間は1時間ちょっとですが、前後の出入国手続きがあります。
ちなみにマカオは出入国カードがなくなったので非常にスムーズです。



フェリーターミナルから出るとすぐにマカオGPの看板。



ギア・サーキットのピットビル等は普段は特に利用されていないようで、そのままです。
ピット裏はカジノ・ホテルのシャトルバス乗り場として利用されています。往路のバスはおそらくどこも無料なので使わない手はないです。
帰り(フェリーターミナル行き)はカジノでチケットをもらわないと行けないバスも一部あるようですが、適当なホテルに入って「シャトルバス乗りたいけどここで乗れる?」と聞いたら問題なく乗れました。











リスボアベンドもどんなもんか見てみましたが、ガードレールがないのでよくわからないですね。
他にマカオGP博物館にも行ってみたかったのですが時間の都合で叶わず。



香港はオートアート、マカオはSparkとミニカー的にはかなりアツい場所(他にもミリタリーだとドラゴンがあったり)ですが、時間の都合で模型的なネタはあまりありません。
とりあえず香港島でミニカーも売ってる玩具店として紹介されていた鴻興玩具(Hung hing Toys)に行ってみましたが、品揃えは微妙でした。



その後オートアートのショールームにも行ってみましたが、なんと潰れていました。



ということで模型的には全く収穫なしです。
九龍の方には良いお店がたくさんあるようなので時間がある方はそちらで攻めてみた方がいいかも。
posted by チゼータ at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。